読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

参議院議員選挙 2016 結果 ⑤

 参議院選挙結果も確定して、与党の圧勝となりました。改憲勢力が3分の2の議席を獲得して、いよいよ本格的に憲法改正されるかもしれないという状況になってきました。ただ、この結果をもってしても、そんなに簡単に憲法改正が出来るほど単純なものではありません。日本は、大日本帝国憲法明治憲法)を作成してから、一度も憲法を改正したという歴史を持ちません。また、自民党公明党の与党の中にも憲法改正反対勢力も一定程度存在します。

 私は、憲法改正には賛成の立場ですが、それでも自民党改憲案には賛成することが出来ません。もちろん、国会での議論も充分深まっているとは言えない状況です。与党も野党もこのような国家の基本となる憲法を政局に利用することは絶対にあってはなりません。前向きな国会での議論を期待します。

 国会の参議院議員選挙の結果で私の認識とは異なり、意外だったのは自民党が若い世代に人気があるということです。10・20代には、40%以上の方に支持されており、世代が上がるにつれて支持が下がっていきます。自民党は、年寄世代に人気があると思っておりましたが、実際そうではなかったのです。

 これは、若い世代が戦後の呪縛から解き放たれつつあるということではないでしょうか。私は、そのように信じた思います。戦後、マルクス主義歴史観により、日本人は悪かった、日本人は悪かったという歴史認識を植え付けられ、日本の良い部分が消されてきました。私は、日本が全く間違っていなかったとは考えておりません。間違った部分につきましては、真摯に反省する必要があります。しかし、無かったことを有ったかのように言われることは当然納得することが出来ません。

 日本は、今年で建国2676年です。このような建国についても知らない人も多いようです。長い歴史の中で日本の素晴らしい部分もたくさん存在します。こういった歴史がたくさんの人に知られるようになってほしいものです。

 今回の選挙の結果を受けて、日本の将来にも期待が持てるのではないかと感じる選挙になりました。若い世代日本人にしたいと思います。