読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

南シナ海 中国支配は認められません

 九段線という独自の線を引いて、その内側は中国の領土だと一方的な主張を繰り返し、国際社会を混乱させている国が存在します。このような主張は、近隣国だけでなく国際社会で認められるはずがありません。強い国がこのように勝手に領土を主張して、それを自国のものにするなんていうのは、理解できません。力で現状を変更させるということは、絶対にあってはならないことです。

 今回、南シナ海の問題でフィリピンがオランダ・ハーグの仲裁裁判所に国連海洋法条約に違反だとして訴えました。仲裁裁判所は、当然九段線には法的根拠はないと認定しました。

 これに中国は、反発しているようです。この判決に対しても受け入れようとはせず批判をしています。

 何故、中国はこのように国際社会で嫌われるようなことをするのでしょうか。このようなことをしても、何のメリットもないように感じます。中国には、理性的な判断を求めたいと思います。大国として、国際社会で活躍出来るように精進して頂きたいものです。

 この南シナ海問題ですが、対岸の火事ではありません。日本にとっても大きな問題です。尖閣諸島に対する領土的野心を持ち続けています。もし、中国が現状を変更するようなことが起これば、間違いなくさらなる領土拡大の野心をもつことは間違いありません。尖閣諸島だけでなく、沖縄にも手を伸ばしてくるでしょう。

 日本の領土を守るためにも、自国を守れるように準備しなければならないということを充分認識する必要がありますね。