読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

国の借金と言いますが・・・

 よく国の借金が1,000兆円を超えました。国民一人当たりの借金が800万円ですというような報道がされます。これが本当であれば、大変な借金です。GDPが500兆円の国で借金が1,000兆円ということですから、収入の2倍の借金があるという大変な事態です。

 しかし、これは日本国の借金ではありません。政府の借金です。国際の90%以上は、日本の銀行など日本人が購入しています。ということは、政府の借金は国民にとっては、数年後利子がついて返ってきます。

 また、借金の話ばかりがクローズアップされますが、借金があれば資産もあります。この資産については、一切報道されることはありませんん。日本の資産は600兆円ほどあるそうです。日銀も370兆円ほど国債を保有しています。ということは、ほとんど借金がないということになります。確かに、私たちの家庭でも借金が500万円あるというと大変大きな借金となりますが、貯金が1,000万円あるとなればそれほどたいした借金ではありません。

 中途半端な数字で国民の不安をあおり、借金だけが膨大に増えているような印象を与えるようなことは、いかがなものでしょうか。消費税を上げる口実にこのような操作をされているのだと思いますが、いつまでも国民も騙されていません。

 安倍首相には、このような借金を全く無視しても良いとは言いませんが、しっかりとした経済対策を期待しています。