読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

蓮舫さんが保守だなんて信じられません

 金曜日の夜は、1週間の仕事が終わるということで疲れがどっと出てくるように感じます。今週も疲れました。元気に仕事が出来るということも、家族や周囲の方々に助けられてのことです。感謝しなければなりませんね。

 さて、今朝の朝刊で民進党の代表選挙に立候補される蓮舫さんのインタビューが掲載されていました。その中で大変驚くべき発言があります。

 蓮舫さんは、バリバリの保守だそうです。ここでいう保守というのは、蓮舫さんが保守思想の持ち主だということだと思います。今回の民進党代表選挙では、民進党の中でも左側に位置する方々に蓮舫さんは、支持されています。支持されている方々は、今年の参議院議員選挙共産党選挙協力を推進されていた方々です。このような状況で蓮舫さんが、バリバリの保守といわれても違和感があります。代表選挙に立候補するということで、民進党の左側は抑えたので、民進党の保守勢力(右側の方)の票が欲しいという魂胆が見え見えです。民進党内で力を持つためにこのような嘘と思われるような発言も行われます。政治家って本当にすごい職業ですね。本当のことを本当だというのは、あたり前のことです。政治家は、嘘を本当と国民に思わせる能力が必要だと思います。蓮舫さんは、少しこの能力が不足しているようですが、よくもバリバリの保守などと言えたものだなと思います。

 あまり盛り上がらない民進党代表選挙ですが、このような方には野党第一党を率いる代表者には、日本の国のためにもなってもらいたくないものです。