読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

トヨタ自動車に対するトランプさんの圧力

 メキシコに工場を建設して、自動車を生産するとトランプさんに怒られるようです。アメリカの企業であるフォードにもメキシコでの工場建設を中止させましたが、これが自国企業だけでなく、日本企業にもこの影響が及んできました。これについて、トヨタ自動車は、どのような対応をされるのでしょうか。まさか、フォードと同様の対応をされないと思いますが、トヨタ自動車さんの動向には注視する必要があります。

 トランプさんがここまで細かなところに口を出してくるとは考えておりませんでしたので、トランプさんの発言を無視すればどのようになるのでしょうか。もしかして、強硬な対応をされるかもしれませんね。

 もし、メキシコで生産されたトヨタの自動車に高い関税を課すれば、NAFTAの崩壊になります。しかし、このようなことはさすがにトランプさんでも行わないのではないでしょうか。

 アメリカの雇用を守るために、トヨタ自動車にアメリカで販売するのであれば、アメリカで生産を行いなさいということなのでしょうが、これでは短期的には良い面もあるかもしれませんが、長期的には経済的にマイナス影響の方が大きいと思われます。

 もし、高い税金を課すれば、アメリカでモノづくりが増えるでしょう。しかし、競争をすることなく、政府が介入すれば生産会社は、弱くなるでしょう。努力しなくても売れるのですから。そんな環境でのモノづくりから良い製品が継続して生まれるはずがありません。そのようなモノづくりの会社が発展することはありえません。

 アメリカ国民が聞いて心地よいのかもしれませんが、トランプさんには冷静な対応を行って欲しいものです。経済的にはね。