読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

譲位に対する安倍総理の発言

 NHK日曜討論安倍総理が出演されていました。スケジュールの都合で生出演とはいかなかったようですが、今年注目されている内容についてお話しされていました。

 その中で天皇陛下の譲位についてもお話しされました。ちょっと、ちがうんじゃないですか?安倍さん、と思う内容がありました。

天皇陛下の譲位は、皇室典範の改正も一回限りの特措法についても、どちらも法律なんですというようなお話しをされました。

 皇室典範の改正は、恒久的なものです。皇室典範を改正されれば、今回の今上陛下だけでなく、その後の天皇陛下も改正された皇室典範に基づいて譲位をされることになります。しかし、特措法は1回限りです。1回限りということは、今後の天皇陛下が譲位される条件が不安定になります。また、特措法ですと、時の権力者の都合によって天皇陛下の譲位を決定されることになります。

 民主主義の国である天皇陛下を政治利用するような事態にはならないと思いますが、時の権力者が気に入らない天皇陛下であった場合、特措法で強制的に譲位させるような権力者が現れるかもしれません。

 昨年8月の天皇陛下のお言葉を聞けば、1回限りの特措法で私だけ疲れたので譲位させて下さいなどと天皇陛下は、おっしゃっていません。今後の天皇と国民の関係性を考えて恒久的な譲位について、国民の間で議論して欲しいという内容だったはずです。国民の民意も天皇陛下のお言葉にそったものです。

 今上陛下のお言葉に対して、不敬な対応にならないように安倍総理には対応して頂きたいと思います。