読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

トランプ大統領による日本自動車批判

 連日トランプ大統領、アメリカ新政権についての話題が世間をにぎわせています。特に注目されるのは、日本の金融緩和や自動車などの経済問題と安全保障の問題です。新しい政権になったのですからアメリカも方向性が変わるのは当然でしょう。これは、これで日米で議論が行われれば良いと思います。しかし、事実と異なることでクレームを言われることは納得することができません。

 トランプ大統領は、アメリカの自動車メーカーの車が日本で売れないのは、日本政府の政策の問題だと発言しているようです。これは、あまりにもトンチンカンです。アメリカの車が日本で売れないのは、アメリカの自動車メーカーの責任です。アメリカ車が日本に輸入されるときに、輸入関税はありません。日本からアメリカに輸出するときには、2.5%の関税がかかります。条件は、アメリカ車に有利です。しかし、日本車は売れて、アメリカ車は売れません。これは、どうしてでしょうか。

 簡単です。日本の自動車メーカーが努力しているからです。頑張っているからです。日本の自動車メーカーの車は、品質も良く故障も少なく、燃費も良く環境にも配慮された自動車です。売れるのは、当然ではないでしょうか。

 一方、アメリカの車は大きい。アメリカでは、3,000ccの車が多数走っています。こんな大きな車、日本で売れるわけがありません。日本の田舎にしても首都圏にしても道幅が狭い所も多く、こんな大きな燃費の悪い車は邪魔でしかありません。

 アメリカ自動車メーカーの努力不足を日本政府の責任にされてもどうしようもありません。燃費の悪い車に優遇するような政策を行うはずがありません。くやしかったら、日本の自動車メーカーよりも良い車を作れば良いのです。そうすれば、日本でも販売が伸びます。売れます。

 大いに議論することは、結構ですが事実に基づいて議論をしてくださいね。アメリカさん。