読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

北朝鮮によるミサイル発射という挑発

 完全に日本は、なめられています。今日の午前7時55分頃、北朝鮮がミサイルを発射し、500Km飛んで日本海排他的経済水域EEZ)の外に落下したと報道されています。昨年10月にもミサイルを発射しており、挑発行為をやめようとしておりません。

 日本は、いつも通り抗議や国連安全保障理事会非常任理事国として断固たる措置をとるようですが、こんなことをしても北朝鮮は痛くも、かゆくもないでしょう。何度抗議しても、これからも継続してミサイル発射を行うでしょう。挑発行為ですめば良いですが、ミサイルの制御不能で日本の領土に到達すれば、被害が出る可能性も否定できません。それでも繰り返します。

 なぜ、北朝鮮は挑発行為をやめないのか。それは、日本をバカにしているからです。日本に向けて、何発ミサイルを発射しても日本は憲法9条があるため、絶対に攻めてくることがないと思われているからです。どんなに強い軍隊を持っていても、どんなに強敵だとしても、どんなに挑発をしても絶対に攻撃されないとなれば好きなことを好きなだけやります。完全になめられています。

 もしこれが明治、大正、昭和初期(戦前)であれば同様のことを行ったでしょうか。絶対に出来るはずがありません。戦後、何も出来ない国に成り下がってしまった結果がこの始末です。

 現在の憲法では、日本人の命を犠牲にしないと軍事的な行動を何も行動を起こすことができません。起こすことが出来たとしても、極めて限られたものです。拉致された被害者を取り返すことも出来ません。悲しいですが、これが現実です。

 外交は、軍事力を背景に行わないと強い交渉力を持つことが出来ません。やはり、もう少し日本も防衛力を強化することが必要です。憲法改正を行わなくても出来ることもあります。まずは、出来ることから精進して頂きたいと思います。