読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

都議会のドンの引退

 都議会のドンと言われ、小池都知事と対立する悪者という印象を植え付けられた自民党都議会議員内田茂さんが引退されることを表明されました。内田さんの存在のお蔭で小池都知事は、得をされたことは間違いありません。上手く、この内田さんを利用したと思います。誰かを悪者にして、その悪者をやっつけるというような印象操作を行って、人気を上げる。結果として、それが成功し小池人気が上がっているのですが、いつまでも東京都民は騙されないでしょう。

 小池都知事は、内田さん・石原元都知事などを批判すること自身の評価を上げようとしていませすが、私はこのようなやり方は好ましいとは思いません。政治家であれば自らの政策で結果を出し、それで評価を上げるという方が良いのではないでしょうか。実際にこちらの方が、都民ファーストにかなうように思います。

 人を批判してばかりいないで、そろそろ小池都知事には仕事で結果を出してほしいと思います。自身が選挙で公約した、電柱の地中化・通勤電車の満員緩和など早急にやらなければならないことがあるのではないでしょうか。

 また、それに乗っかる都議会議員も存在しますが、恥ずかしいと思ってほしいです。豊洲の問題についてもあなたたちも他人事ではないのですから。

 口だけじゃなく、批判だけじゃなく、結果。これを小池都知事に期待したいと思います。