読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

民進党新代表 蓮舫さん

 民進党の代表選挙に蓮舫さんが選ばれました。おめでとうございます。民主党から民進党と同一ですので、この党初の女性党首の誕生です。

 一般党員、地方議員、公認内定者、国会議員とそれぞれどの投票者も蓮舫さんが一番民進党に相応しいとされたようです。民進党の代表選挙は、一般の党員も投票を行うことが出来ますが、この投票締切日が終わったあとに蓮舫さんは、台湾の国籍が抜けていなかったと説明しています。これって、タイミングがおかしくないでしょうか。明らかに一般党員の締切を意識しての発表です。この人本当に人として恥ずかしくないのでしょうか。民進党の元国務大臣松原仁さんもこの代表選挙のやり直しを主張されているようです。誰が考えてもおかしなことですので、至極全うなご意見だと思います

 二重国籍については、ご存知であったと考えております。結婚する時やこれまでのさまざまな場面で理解することが出来る場面があったと思います。どんなことをしてでも選挙に勝つということも重要ですので、政治の世界では普通のことかもしれません。人には、厳しく追及するが自分には甘い。こんな人が次の総理としてふさわしいのでしょうか。大いに疑問です。

 今後、民進党が政権を狙える政党にはならないでしょう。日本の国民にも良識はあります。この人を選んでしまうとい時点で、国民との温度差がこの党にはあるようです。しかし、では前原さんや玉木さんなら良かったのかというとそれも良いとは言い切ることができません。ただ、蓮舫さんよりは良いというだけです。

 政権交代可能な野党第一党の存在があって、与党も強くなると思います。安倍政権を応援している私には今回の選挙は良い結果となりました。引き続き、安倍政権が安定的に活躍できることができます。それでも民進党には、頑張ってもらいたいと思いますが。