色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

ミサイルが飛んで来たら、どうやって撃ち落とすのか

f:id:jpnnippon:20200429065323j:plain

 

 イージスアショアの配備する計画をやめるようです。

 

 イージスアショアは、北朝鮮やその他近隣の国からミサイルが日本に飛んできたときに、撃ち落とすためのものです。

 

 秋田県山口県に配備されることで、住民との対話も行われていました。これをやめちゃうということは、どのようにして日本を守ることができるのでしょうか。

 

隣国は、大喜びだろう。代案は、ないのか?

 近隣の国は、大喜びだろうと思います。これで日本にミサイルを撃ち落とされることなく、撃つことができます。

 

 日本にとっては、この脅威を取り除くことが出来ないことになります。

 

 やめるというなら、当然代案を用意する必要があります。

 

 しかし、今のところはこの代案が出てきていません。それでは、日本のミサイルに対する脅威が継続です。

 

 イージスアショアをやめるなら、しっかりとした国防軍を持ち、軍事費も上げる。もし、日本に脅威を与える国があるならば、敵基地を戦線攻撃を行うや日本も長距離弾道ミサイルをもち、将来的には核兵器の開発も行う。核兵器保有するということであればわかります。

 

 現在のところは、代案がありません。日本は、周辺国が軍事力を強化しています。尖閣諸島も毎日狙われています。このような状況で軍事力を高める以外に日本の平和を継続させることが出来ないということを理解しなければなりません。

 

 

f:id:jpnnippon:20200413063308j:plain

 

イージスアショアにも住民が反対

 イージスアショアの配備にも地元住民が反対をしていました。日本を守ることに反対というのであれば、どのようにして日本を守るべきかしっかりと説明して頂きたいと思います。

 

 反対、反対だけでは何も前に進むことが出来ません。

 

 日本は、安全保障のために沖縄に負担を長年かけ続けています。そして、その沖縄よりも軽い負担もすることが出来ない住民がいます。

 

 これもまだまだ日本人の防衛意識の低さかなと思います。日本の平和は、自衛隊と米軍が守り続けて来ました。

 

 憲法9条などというものが、日本を守ってきてくれたわけではありません。日本人の平和ボケにも気づかないと手遅れになります。

 

 チベットウイグルで何が行われているのか。自国を守れなかった場合にどのようになるのかということを現実として直視しなければなりません。

 

 

 平和を継続することの難しさは、歴史が証明してくれています。日本人が国防意識の前に世界で何が行われているのかということをしっかりと理解する必要があります。

 

出張は、疲れるけど良い経験も出来ますね。いつまでマスクつけるの?

f:id:jpnnippon:20200420213410j:plain

 

 営業という仕事をしていると、どうしても出張をしなければならない時があります。この間は、家族と離れてしまい数日会うこと出来ません。

 

 父親と会えない日々を過ごすことは、うるさい人がいなくなってよかったという人もいると思いますが、会えなくて寂しいなと思う人もいると思います。

 

 今回は、上信越・東北・関東と幅広く移動を行いまいした。移動手段は、電車・車でしたが、まだまだ移動している人が少なく、電車も道路も空いていました。

 

 まだ、県をまたぐ移動について制約がある会社も多いと思います。私も会社からそのように言われておりますが、今回はどうしても移動をしないといけないほどの緊急事態でしたので、仕方がありませんでした。

 

マスクはいつまでつけるのか?

 新型コロナウイルスについて、感染予防ということでマスクをつける方が多いです。多いというよりも、公共交通機関を利用する人は、必ず付けています。

 

 このマスクは、いつまでつけ続けるのでしょうか。本来であれば、新型コロナウイルスが終息すれば、付けなくなるでしょう。ただ、この新型コロナウイルスは、無くなることがありません。

 

 まだ、未知のウイルスということもあり、恐れられています。ワクチンが出来ればマスクをつける人が少なくなるでしょうか。

 

 決してそのようにならないんだと思います。これからは、気にする人は外出時にマスクを付けるようにするでしょう。他人にも要求するでしょう

 

 私は、新型コロナウイルスが流行る前から、マスクを付ける機会が多かったように思います。これは、風邪対策でした。

 

 

f:id:jpnnippon:20200502084025j:plain

 

マスクは付けても、付けなくてもどちらでもと思うけど・・・

 マスクを付けても、付けなくても人それぞれの選択ですから、好きなようにしたらよいと思いますが、付けない人が冷たい目で見られるようになるような気がしています。

 

 こんな状態になるのは、嫌だなと思います。咳エチケットという言葉があるようにもし、体調が優れなかったり、咳が出る人については、マスクを付けて欲しいと思いますが、そうでない人で付けたくない人が、付けないという選択を自由に出来なければなりません。

 

 過剰に反応することは、あまり良いとは思いませんが、どうなるのでしょうか。

 

 お店に行くたびに体温を測定されるのも、いつまで続けるのでしょうか。体調が悪かったら、飲みに行かないと思いますが、体調悪いのにお酒を飲みに行く人がいるのでしょうか。ほとんどいないと思います。

 

 

 コロナ後の社会が変わることは、間違いないでしょう。それでも、過剰になる必要はないと思います。たかだかコロナごときで暮らしにくい環境になって欲しくないですね。

 

 

株価は、半年先の景気を見ているというけれど・・・

f:id:jpnnippon:20200409213022j:plain

 

 株価は、半年先の景気を見られているといわれます。日本の株価は、絶好調でなんと23,000円を回復しました。ゴールデンウィーク明けから、ず~っと右肩上がりです。

 

 新型コロナウイルスに関する日本景気後退の中で、リーマンショックの時とは異なり、株価が一時さがりましたが、もう回復しました。

 

 この株高が日本の年末の景気を反映されていることを願いたいと思います。年末、日本の景気は好調になっていることでしょう。仕事が忙しくなります。

 

リーマンショックとの違い

 リーマンショック当時の株価暴落と現在は、何が違うのかなと考えました。一番大きな違いは、政治の違いです。

 

 リーマンショック時は民主党政権でした。今は、自民党政権です。その次に違うのは、金融緩和の違いです。民主党政権の時は、金融緩和を行わなかったので、1ドル80円を切るところまでいきました。しかし、現在は100円を切ることがありません。

 

 日銀の金融政策の効果です。

 

 政治の違いでこれだけも見える景色が違うのです。助かる命が救えるのです。この違いを経験して、投票行動がどれほどの大切なものかがわかります。

 

 国民が間違った投票行動を行ったら、助かる命も救えないのです。

 

 

f:id:jpnnippon:20200415203736j:plain

 

1942年の株価

 1942年の株価は、アメリカ・イギリスの株価は上がり、日本・ドイツの株価は下がっていったそうです。

 

 これは、市場が戦争でどちらの陣営が勝利するかということを正しく予測していました。

 

 これを考えると、今回の株価も新型コロナ後の日本景気を正しく予測しているのでしょう。歴史は、繰り返すと言います。是非、繰り返して欲しいものです。

 

 

 安倍政権の支持率は、下落中です。まだ、自分がやりたいことが出来ていない安倍政権ですが、支持率回復のチャンスはあると思います。安倍政権に任せれば、経済が上向くことを証明することができれば、まだまだ安倍政権は続くでしょう。

 

 来年の9月が安倍総理の任期ですが、その時までの初心を忘れず頑張ってもらいたいと思います。嫌になっても、腹が立っても応援せずにはいられないのが、安倍政権のようです。

 

尖閣諸島の住所が変更になるようだ

f:id:jpnnippon:20200412080326j:plain

 

 これで尖閣諸島の住所がよくわかるようになります。

 

 石垣市が、尖閣諸島の住所を現在の「石垣市登野城(とのしろ)」から「石垣市登野城尖閣(とのしろせんかく)」に変更するため、市議会に議案を提出するようです。

 

 これは、面白いですね。

 

 この議案が可決されるとこの住所は、尖閣諸島のことだなと誰でもすぐにわかるようになります。

 

 石垣市の住所変更の理由は、行政手続きの効率化とのことです。石垣市登野城というところがあるようです。これでは、わかりにくいので間違いをなくすという意味でも良い改善でしょう。

 

 それ以上に意味があるのが、尖閣は日本の領土であるというアピールです。これは、あたり前のことですが、尖閣諸島を日本の領土ではなく、他国が自国の領土だなどと言っていますので、この住所変更で日本の領土だと強い意思表示になります。

 

 石垣市議会も市長を応援する議員が多数ですので、問題なく可決されることだと思います。

 

 石垣市は、国益のために頑張っています。石垣市を応援したいと思います。

 

中国が引き続き、公船が来ている

 中国が引き続き、尖閣諸島を自国の領土にするべく、狙っています。日本としては、大変迷惑なことですが、絶対に自国の領土を守らなければなりません。

 

 自国の領土で使ってないから、ちょっとくらいいいかなというわけには行きません。その次は、沖縄、そして九州とこれを許せば、どんどん進攻してきます。尖閣諸島という日本固有の領土を絶対に守らなければなりません。

 

 尖閣諸島周辺には、中国海警局の船が2隻来ています。日本の海上保安庁の巡視船が確認しています。確認出来ているのが、54日連続ということですので、新型コロナで自国が大変な時にも、こんなことをしているのです。許せませんね。

 

 中国の軍事力は、どんどん拡大してきています。日本の防衛力と差が大きくなると、自国の領土を守ることが出来なくなってしまいます。

 

 中国の力が大きくなると、残念ながらアメリカも日本を守るために中国と全面的な戦争をするとは考えられません。

 

 自国の領土は、自国で守らなければなりません。そう考えると、防衛にかける予算が少なすぎます。

 

 消費税なんているものよりも、防衛目的税というものであれば、喜んで納税するという方も多いと思います。これも日本の国民がこの領土の問題をもう少し真面目に考える必要があります。

 

 

 結局、どんなことをするにしても日本国民の質が上がらないと何もできません。そういった意味では、石垣市というところは、国益を考えるという意味で大変素晴らしい住民の方々が多いのだと思います。中国と近いという地理的な問題で、危機を自分の事として、考えることができているのでしょう。平和ボケの方とは、ちがいますね。日本全国でもこのような高い意識の方が増えれば、きっと日本の政治も変わるなと考えております。

 

 

 

 

横田滋さんがお亡くなりになりました。拉致問題に政治家は、真剣に取り組んでいるのか?

f:id:jpnnippon:20200409213041j:plain

 

 横田滋さんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 横田滋さんは、横田めぐみさんのお父さんです。横田めぐみさんは、13歳のときに北朝鮮に拉致されました。その後、日本に戻って来ていません。

 

 日本国民が拉致されているにも関わらず、日本政府は何をやっているんだと思います。日本人の人権を蹂躙されるようなことが起こる国が、戦後平和であったなんていうことが出来ません。

 

 なぜ、日本政府は無力なのでしょうか?

 

政府は、日本人を助けることが出来ない

 日本政府は、結果として人権を蹂躙された日本人を助けることが出来ていません。日本人が、日本の領土で拉致されている。

 

 これだけでも大問題です。そして、取り返すことが半世紀経過しても出来ない。

 

 情けない!

 

 なぜ、日本政府が日本人を取り返すことが出来ないのか?

 

 答えは、簡単です。日本が弱いからです。

 

 憲法9条があるからです。

 

 日本がもし強い軍事力があり、他国が侵入してきたとき攻撃する能力があり、他国へ攻撃する力があれば、拉致問題は起こらなかった可能性が高いです。

 

 日本で好きなことをやっても、何も仕返しされることがないのですから、やりたい放題です。

 

 日本人の中にも協力をしていたという人もいるということを聞いたことがあります。これが本当であれば、残念なことです。恥ずかしい日本人がいるものだと思います。

 

 

f:id:jpnnippon:20200410054911j:plain

 

自分は、何が出来たのか?

 日本政府や政治家を批判してばかりではいけません。

 

 私は、この拉致問題に対して何が出来たのか?何をしたのかを考えたい。

 

 この問題に対して、自分なりには考えてきたつもりですが、もっと関与できなかったのかと考えています。何もできてなかったのではないか、もっとできたのではないか。

 

 もう一度、拉致問題について考えようと思います。

 

 そして、もう少し出来ることをやっていこうと反省しています。

 

 拉致された方は、横田めぐみさんだけでなく、多数おられます。拉致された人の数だけ、家族や親類、縁者、友人などもおられます。

 

 皆が拉致された人の帰国を願っています。

 

 政治家をしっかりさせるのも国民です。国民がバカであれば、政治家もバカになります。国民が考えなければ、政治家も考えません。

 

 私たちがしっかりしなければ、しっかりとした政治家も出て来ません。

 

 政治家を批判する前に自分自身が反省しなければならないのかもしれまんせん。

 

 頑張れることを頑張ろう。

 

 1日でも早く、拉致された方が日本に戻られることを願っております。

 

ボクシングの練習、今週から再開!

f:id:jpnnippon:20200420213501j:plain

 

 今週から、ボクシングの練習を再開しました。新型コロナウイルスの影響で1ヶ月間、ジムが休みでしたが、再び頑張ろうと思います。

 

 正直、もう試合が出来る体ではありませんが、上達すればもしかすると、もう1回試合が出来るかもしれません。

 

 今は、趣味のボクシングを出来る限り長く続けられるように頑張りたいと思います。

 

 仕事もまだ、在宅勤務が多いので、練習もより多く出来そうです。ただ、ジムの練習時間に制限がありますので、好きなだけ練習をするというわけにはいきません。

 

 限られた時間で工夫して、練習しなければなりません。

 

 ただ、やっぱり体力が落ちているのでしょう。あんなに走っていたのに、あんなに筋トレもしていたのに、すぐに意気が上がって、体が痛くて仕方ありません。筋肉痛が襲ってきています。こうならないために頑張っていたのですが、ダメですね。

 

 それに練習も体力不足で、以前のように動くことが出来ません。1ラウンド3分がこんなにも長かったのかという感じです。

 

 今週は、1週間で4回練習できそうです。サラリーマンの私には、これが限界でしょう。これ以上となると、仕事に影響が出て来そうですので、良いことはないですね。

 

 まだ、ジムに練習に来ている人も少なく、まだまだ気にされている方もおられるんですね。

 

 それと残念なことに期待していた若いプロボクサーが引退するそうです。この期間に色々と考えたそうですが、残念です。強かったので一緒に練習することは、大変私も刺激を受けていたのですが、また練習する時が来るかもしれません。

 

 来週も練習をします。

 

 井上尚弥選手や井岡一翔選手のようにはなれないですが、少しでも近づけるように頑張りたいと思います。

 

 仕事もブログも頑張りたいと思います。

 

 

野党4党には、国民の生活を守るつもりが全くない。今は、平時ではない。

f:id:jpnnippon:20200415203658j:plain

 

 野党4党は、国民を守るつもりがあるのか?こんなことを言いだすなんて、本当に腹が立ちます。

 

 経済で困窮して、生活が苦しくなっている人が、生きていくことをあきらめなければならない大変危険な状態になっている人もいます。

 

 国民を救うつもりがあるのか、真剣に考えて頂きたいと思います。

 

野党4党(立憲民主党、国民民主党共産党社民党)は、10兆円減額求める

 国民は、困窮しています。大規模なリストラを行うという企業も出てきています。そのような苦しい生活を国民が強いられているにも関わらず、第2次補正予算予備費10兆円減額を政府に求める方針です。

 

 なんでこんな時に減額なの???

 

 このような状況で経済対策について、減額だなんてどこを見て政治を考えているのでしょうか。

 

 国民の生活なんて考えていません。自分達のことだけ考えているのです。

 

 今は、どんどんお金を使って、命を救わなければなりません。一人でも多くの命をです。それをわかっていないのでしょうか。

 

 使い道なんてそれほど重要ではありません。経済を動かす力になるのであれば、どんどん使っていくべきです。

 

 日本という国が潰れれば将来なんてありません。

 

 

f:id:jpnnippon:20200410054911j:plain

 

野党は、政権を取るつもりもないんだね

 立憲民主党を中心とする野党は、政権を取るつもりなんてないんだね。政権を取ると責任も生まれますが、野党である限り、無責任なことばかり言って、文句言って、実際に責任を取ることもしません。

 

 それでもしっかりと税金でお金をたっぷりもらうことができます。これの方が、楽なんですね。

 

 安倍政権は、支持率を下げて苦しくなるかなと思いましたが、この野党のお蔭でまた生き延びるような気がします。

 

 自民党に対抗できる野党の出現を期待していますが、立憲民主党では絶対国民の生命を守ることができないでしょう。

 

 日本維新の会は、残念ながらまだまだ国会議員の人数が少なく、政権に脅威を与えるまでにはいっていません。ただ、支持率も上がってきています。

 

 無責任野党4党に変わって、日本維新の会野党第一党になるくらいの力(人数)を持つことが出来たならば、日本の政治もピシッと気合いが入るのではないでしょうか。

 

対抗できる野党がなければ、政治がピリッとしません。与党もどうも緊張感がないように思います。

 

 自民党の100人の消費税減税を訴えていた議員は、どこに言ったんだよ?全然声を聞かなくなりました。

 

 まともなことを言うと自民党では、文句を言われるのでしょうか。また、言っていた議員さん達も信念を持って発言していたんなら、最後まで政治生命をかけて党の中で戦えと言いたい。

 

 結局、与党も野党も政治家は、自分のことばかりで国民のことを考えた政治をやるつもりがないのではないでしょうか。残念ですが、それが現実のようです。