読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

村上春樹さんの新作

 今月、村上春樹さんの新作が出ます。2月24日発売ですが、予約はお済でしょうか。まだの方は、お早めにご予約した方が良いですよ。

 私は、特に書店の関係者でもなければ、村上春樹さんの本が売れても、売れなくても利害関係には影響はありません。確かにまだ発売もされていない本に対して、予約を薦めるというのもおかしな話しかもしれません。しかし、本の内容はともかく彼の文章は本当に読んでいて素晴らしいと感じます。この感覚を多数の方にあじわって欲しいと思いますので、お薦めしています。これで、本の内容が良ければそれにこしたことはありません。楽しみです。

 村上春樹さんは、思想としては私とは全く異なった考えを持った人だと思います。歴史認識などは、おそらく批判したくなるのかもしれません。私からすると絶対に許せないと思う考え方の人なのかもしれません。

 しかし、だからといって、彼の作品まで否定するのはそれはおかしなことだと思います。たとえ、おかしな思想の持ち主だとしても、作品が良ければ心から賛美する。悪ければ、批判する。それだけのことです。

 人物がどうだということだけで、その人の作品まで批判する人がいるような気がします。確かに、大嫌いな人の作品を称賛することは難しいのかもしれません。

 本を読むことが好きな私は、これからも良い作品については良い、悪いものは悪いとはっきりと発言していきたいと思います。