読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

閣僚の靖国神社参拝報道

 終戦記念日(8月15日)が近づいてくると必ず行われる報道が、どの閣僚が靖国神社を参拝したかというものです。そして、何故参拝をしたのかということを取材している方が聞きます。もう、夏の風物詩のようなものです。毎回のことですが、何故参拝をしたのかということを聞かないとわからないのでしょうか。大いに疑問です。

 今年も今村復興大臣が靖国神社を参拝されました。今村大臣は、「戦没者の方々のご冥福とともに、国の安寧と繁栄をお祈りした」と述べられたようです。至極まっとうなことを述べられております。しかし、このようなことはいちいち聞かなくてもわかることです。私は、この時期に靖国神社を参拝できないような大臣は、先の大戦で日本のために亡くなられた方々に対してどのようなお気持ちを持たれているのでしょうかと思ってしまいます。

 どの大臣が参拝するかというわけですが、全ての閣僚が参拝すべきです。もちろん、安倍総理にも8月15日に参拝して頂きたい。他国に気を遣うようなことではありません。他国と言いましても、このようなことを外交問題とするような国は、中国と韓国しか存在しません。このような国に気兼ねする必要はないのです。

 8月15日、閣僚だけでなく多くの日本人が靖国神社を訪れ、日本のために戦われ亡くなられた方のご冥福をお祈りしましょう。