読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

今日は、終戦記念日

 卓球の女子団体戦ですが、2対2で福原愛選手が最終試合で頑張っています。この試合で日本の勝敗が決定します。終戦の日に負けるなんてと思いますが、是非勝利を手にして欲しいと思います。

 8月15日、今日は終戦の日です。終戦の日とされていますが、本当はいつが終戦の日なのかということは、さまざまな説があります。実際には、終戦の調印をした9月2日が本当の終戦ですが、昭和20年(1945年)8月15日は天皇陛下玉音放送がラジオで流された日です。日本国民が戦争に負けたということを自覚した日ということもあり、8月15日が終戦の日で長く定着をしております。

 毎年家族でこの終戦を考えるという意味で、靖国神社に参拝します。英霊に感謝をする日です。親、兄弟、家族、愛する人を守るため、先人が命をかけて日本を守るために戦って頂きました。このことを日本人は、国が存在し続ける限り忘れてはなりません。そして、世界が平和であるためにどのようにしなければならないかということを考える日でもあると思います。

 日本の周辺国は、領土的野心を隠さない国、核兵器を保有して実験を繰り返し続ける国存在します。アメリカのアジアに対する影響力も低下してきました。それでも日本は、日本の安全を守る必要があります。戦争をしないために安全保障について考えなければなりません。戦争をしないため、平和のために日米同盟の強化、集団的自衛権の行使、憲法改正、防衛力の強化を行うことが必要です。これを邪魔しているのは、心無い日本人の中にいます。

 平和であるために何が必要か、何もしないで安全でいるということは周辺国が許してくれません。日本人の皆さま、しっかりしましょう。