色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

小学校は、夏休み。サラリーマンは、まだまだ仕事。

 来週から小学校は、夏休みに入ります。夏休みと言ってもプール教室などで当分、ほぼ毎日学校に行くようですが、学校が休みという状況になるということを知っていると気分的にもう既に夏休み状態になっているようです。有意義な時間を過ごしてほしいものです。

 小学生が夏休みになっても、私たちサラリーマンはまだまだお仕事をしなければなりません。夏休みモードに入るのは、まだまだ早い。外回りの仕事は本当に体力勝負となってきます。体調に気を付けて、この暑い夏を乗り切らなければなりません。

 国会は、長い長い夏休みとなっています。政治家の中には、この期間を利用して勉強している方、海外で外国の状況を視察されている方、地元で選挙に向けた活動をされている方、何もしていない方などさまざまな国会議員の方がおられると思います。しかし、夏休みが少し長すぎるのではないかと思います。

 近隣の国がどんどんエスカレートして、日本の国民の生命・財産が脅かされる状況になってきています。そんな状況であるにも関わらず、国会は長い長い夏休みです。秋の臨時国会は、いつ行われるかわかりません。このような時に休んでいる場合ではないのでしょうか。

 ただ、国会で森友学園加計学園ばかりやっているくらいなら、何もしないで休んで頂いた方が良いかもしれません。こんなことやっている場合ではないのですが、残念ですね。国民のため、日本のためになる国会での議論が秋になれば行われることを期待したいと思います。

渡辺謙さん不倫記者会見

 世界的な俳優である渡辺謙さんが昨日、不倫謝罪会見を行われました。男っていう生のは、一人の女性を愛し続けることができないという意味では残念な生き物です。全ての人がそうだというわけではありませんが、渡辺謙さんや政治家、など注目される職業の方でも失敗をされるのですから、そう思われても仕方ありません。

 その記者会見の中で、妻を今も愛してますかというような質問がありました。この質問には、はっきりと明確に答えて欲しかったと思います。残念ながら、この質問に私が今言える立場にないというふうに話されました。不倫されただけでも信頼していた夫に裏切られたわけですからショックだと思います。それなのにこの答えは、さらに妻のショックが大きくなったのではないかと思います。

 現在の妻を裏切ってでも不倫に及んだということは、よっぽど相手の女性に魅力があったのでしょう。また、57歳で結婚している男性に惹かれてしまった女性が存在するということは、渡辺謙さんがどのくらい魅力的な男性であるのかということがわかります。

 この記者会見を見て、妻への感謝を忘れてはいけないと思いました。現在、仕事や好きなことが出来るのも妻のお蔭です。明日は、ありがとうと伝えたいと思います。

 

安倍内閣、支持率下落は憲法改正が原因か

 安倍内閣の支持率低下が続いておりますが、一つの基準である30%をきったというメディアの世論調査が出てきています。長期政権になると自民党内からも次の順番がまわってこないので、一部の安倍総理を支持しない人達が今回の都議選の結果に便乗して、安倍内閣を批判しているようです。

 しかし、この安倍総理に対する批判は直近の自民党議員や閣僚の不適切な発言などがありますが、本当は憲法改正が原因ではないかと思われます。都議選の安倍総理の演説妨害など、左翼系も本気で安倍内閣をつぶそうとしており、護憲勢力安倍内閣を嫌がっています。支持率が下落したといっても、現在の衆参両院で改憲勢力は3分の2の議席を確保しています。この状態を放置していたら、改憲が現実のものとなってしまいます。

 安倍総理が選挙演説で「こんな人達に負けるわけにはいかない」と発言されたように、こんな人達に負けるわけにはいきません。改憲を阻止しようとするこんな人達に負けるわけにはいかないのです。

 日本人は、自らの手で国民が憲法を作ったことがありません。大日本帝国憲法、いわゆる明治憲法は、伊藤博文井上毅などが中心となって作成しました。当時の状況からして当然なのですが、国民的な議論で大日本帝国憲法が出来たとは言えません。現在の日本国憲法は、アメリカ人が英語で作りました。しかも日本がアメリカに占領されている時で主権がアメリカにあるときに作られました。

 もし、安倍内閣憲法改正を出来ないとなると、今後誰も改憲をしようと思わなくなるでしょう。自らの政治生命が脅かされるのですから。そういった意味でも安倍総理には何としても憲法改正を実現して頂きたい。

 日本国民の良識と会見できるだけの国民の民度の高さを証明しなければならないのではないでしょうか。改憲は、安倍内閣のためではありません。国民のためです。自分達の子供や孫、日本の将来のためです。これを再度確認して、引き続き安倍総理を応援していきたいと思います。

 

小沢一郎さん、変わりましたね

 若くして、40代で保守政党である自民党の幹事長をされ、剛腕政治家として国民から大いに期待されていた、小沢一郎さんとても変わられたなという印象を受けております。壊し屋という異名を持ち、新進党民進党やその他の政党を作っては、壊しを繰り返されてきました。

 この保守政党自民党のど真ん中におられた方が、現在は共産党も含めた野党共闘を一生懸命行われております。右の方から、ずいぶん左の方へ振れたなと大変驚いています。

 政治家としての力は持たれていると思います。民主党が政権を取れたのも小沢一郎さんの力が一番大きかったと思います。とても鳩山さん、菅さん、野田さん、岡田さん、蓮舫さんの力ではありません。この人達は、小沢一郎さんの力を利用して、良い思いをした人達です。

 私もこの小沢一郎さんを応援していた時がありました。日本を変えられるのは、この人の力が必要だと考えた時もありました。しかし、この人はただただ、自分が権力を持ちたかったために政治活動を行っているとしか思えません。国民のことは本当に考えられているのでしょうか。憲法改正は、小沢一郎さんも望まれていることです。安倍総理を助けて、歴史的な憲法改正に是非尽力して頂きたいと思いますが、詮無い希望でしょうか。

 政治家も自分が政治家であるために変節をされることが多々あります。有権者である私たちがしっかりとその人を見ないといけないということを考えさせられます。もう小沢一郎さんを応援することはないと思いますが、自身の力を有効な方向で使われていないことには、大変残念に思います。

 

安倍総理出席の閉会中審査

 安倍総理が出席する閉会中審査が行われるようです。野党が安倍総理を追及する場がなくなっていたので、民進党をはじめとする野党の方々は、さぞ張り切っていることだと思います。

 一方、安倍総理東京都議選で歴史的な大敗で隠れているわけにはいかなくなってきました。加計学園問題が注目を浴びる中、出てこないというのは、何も悪いことをしていなくても悪いことをしているように見えてしまいますので、この閉会中審査は安倍総理にとっても大変良い機会だと思います。ヤジに興奮することなく、冷静に答弁されることを期待しています。

 野党民進党も都議選では、自民党以上に敗北を喫しました。正直、もう民進党は立ち直ることが出来ないでしょう。民進党系の良識あるグループは、党の中央に陣取ることが出来ません。残念ですが、もうダメでしょう。挙句の果てに、蓮舫代表の戸籍を公開ですから、センスが無さすぎです。ただ、この蓮舫代表や前任の岡田代表のような能力の無い方々が安倍政権を支えているというのは間違いないでしょう。これでまともな民進党代表が出れば、安倍政権が危うくなります。そういった意味では、まだまだ蓮舫代表には頑張ってもらわなければなりません。

 今回の閉会中審査は、安倍総理が支持率回復のチャンスです。是非ともこのチャンスを活かして、丁寧な説明で安倍政権に頑張ってもらいたいという国民の安心を取り戻して欲しいと思います。

加戸前愛媛県知事、閉会中審査で参考人出席

 衆参両院で獣医学部新設計画をめぐる閉会中審査が昨日行われました。いわゆる加計学園問題です。出会い系バーで若い女のこと何やらをしていた前川前文部科学省事務次官も参加をされました。

 出会い系バーで女のこと楽しく遊んでいた、前川さんは行政がゆがめられたということをおっしゃっています。全く説得力がありません。行政の前に、人として歪んでるのではないでしょうかと思われても仕方ないと思います。

 一方、報道はほとんどされていないと思いますが、加戸前愛媛県知事大変説得力のあるお話しをされたと思います。悔しい思いもされてきたのでしょう。その悔しさが非常に良く感じることが出来ました。

 この2人のお話しを聞いて、誰しもはっきりと出会い系バーで若い女のこと遊んでいた前川さんより、加戸さんの方が説得力がありました。「岩盤規制にドリルで穴を開けていただいた。『ゆがめられた行政が正された』が正しい発言ではないか」というのが真相のような気がします。

 文科省は、自分達の利権に手を突っ込まれたので、仕返しをしているように見えます。また、前川さんは出会い系バーで若い女のこと遊んでいたのをばらされたので、安倍政権に恨みを持っての対応をしているのだろうと思います。

 とにもかくにもこんな既得権を守ろうと国益より自分の省益を優先するような人達や出会い系バーで若い女の子と遊んでいるような人に絶対に安倍政権は負けて欲しくない!国民や国より自分の利益を優先するような者が勝利するようなことがあれば、日本はお終いです。大変苦しい時期だと思いますが、ここはこらえて何が何でも憲法改正するまで安倍総理には頑張って欲しい。負けるな、安倍総理!これまで以上に応援していきたいと思います。

 

陸上自衛隊 富士学校・富士駐屯地 開設63周年記念行事に参加しました

 昨日7月9日(日)ですが、「陸上自衛隊 富士学校・富士駐屯地 開設63周年記念行事」に参加しました。日頃、自衛隊の方と触れ合う機会もありませんが、日本の国防をされている方が、どれくらい素晴らしいかということを息子にも感じて欲しいという思いもあり初参加です。

 息子と一緒でしたので、私が興味のある資料館などはゆっくり見ることは出来ませんでしたが、大変素晴らしいイベントでした。訓練展示で戦車が走っているところや空砲を聞くことが出来ました。戦車って物凄く、早く走るんですね。大きなものですが、機動力に優れていました。空砲は、ものすごい音で息子が山がひっくり返りそうだと真剣に話していました。あまりにも凄い音でしたので、少し恐がっていましたが。ただ、戦車には方向指示器が付いていました。まさか戦闘中に右折する時にウインカーを出すはずがないと思いますが、これは日本独特なのではないでしょうか。

 訓練の後には、戦車に乗って記念撮影や、自衛官の方も撮影に応じて頂けました。講堂では、ファミリーコンサートが行われました。「滝ケ原雲海太鼓」、迫力ありました。YAMATOさんという長渕剛さんのそっくりさん、富士学校音楽隊の演奏など大変素晴らしかったです。

 息子も今回のイベントへの参加を大変気に入ってくれて、喜んでいました。これがきっかけで、立派な自衛官に将来なってくれたら、親として大変うれしいのですがどうでしょうか。

自衛官の方は、目つきが素晴らしく日本を守る気概を強く感じることが出来ました。最後になりましたが、今回素晴らしいイベントを開催して下さった自衛隊員の方々に心からの感謝と御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。