色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

羽生君の国旗に対する立派な扱いで、周囲への感謝を理解した

 やはり一流になるには、競技だけでなく、人間としても立派でならなければなりません。羽生君の圧倒的な強さには、人としても大変尊敬すべきものがあり、子供たちにも是非学んでほしいものです。

 羽生君がピョンチャンオリンピックで2連覇を達成し、その後のインタビュー時に日本の国旗とカバンを持っていました。カバンは、床に置きましたが、国旗は床に置くことが出来ないので、どうしようかと迷っている場面がありました。誰かに渡したいので、ウロウロしていると知り合いと思われる女性が見つかり、その渡すという場面がありました。

 羽生君は、国を愛する気持ちが強いのでしょう。そのような気持ちがなければ、床に国旗を置くということも躊躇しないと思います。しかし、羽生君はそれをすることが出来なかった。これは、日本の国を背負って、国民の期待に応えたいという気持ちのあらわれだったと思います。大変立派だと思います。

 このような選手であるからこそ、世界で活躍する選手になれたんだと思います。自分が夢を語った時、自分だけでなく、周囲の方々の協力がなければ、その夢を叶えることができません。周囲を巻き込まないと、自分だけじゃ努力を継続することができません。周囲の方々の協力ということを羽生君は、よく理解しているのです。そのような感謝の気持ちを感じることが出来ました。自分だけが偉いんじゃない。周囲の方々の応援をしっかりと受け止めていたということがこの行動で理解することが出来ます。

 こういった若い人達が存在するということは、日本の将来も明るい未来を想像することが出来そうです。大変良い光景でした。

 

羽生君、金メダル。尽きることのない向上心に感服。

 羽生君、金メダルおめでとうございます。前回のオリンピックに続き、連覇がかかっていた今回のオリンピック、相当なプレッシャーもあったと思いますが、それを全く感じさせることのない、素晴らしい演技でした。日本でこのオリンピックの金メダル、第一号ということで、今後競技を行われる方々にも良い影響が出るのではないでしょうか。

 何といっても貫禄の金メダルでした。テレビで見ていましたが、安心して演技を見ることが出来ました。本人は、どう考えていたのかわかりませんが、本当に自信を持って楽しんでいるようにも見えました。周囲の方々の方が、緊張してみているようにも感じました。技術、表現力において大変素晴らしいのですが、今回の勝利には、綿密な計画があったようです。

 ライバルのフェルナンデスが、4回転ジャンプに時間を割くなら、スケーティングを高めたり、他の要素を改善したいと考えたのに対して、羽生君は、1年に1つずつ跳べる4回転のベースを作る戦略をとったようです。現状に満足せず、さらに自信を高いレベルに持っていこうとする、あくなき挑戦がそこにはあったようです。

 それでも現状に満足しない羽生君は、今度は誰も飛んだことが無い、4回転半ジャンプにも挑戦を行うようです。羽生君を超えるには、ライバルたちは、それ以上のものを追及しなければ、勝つことはできないでしょう。

 この羽生君のお蔭で、日本は大変大きな感動を頂いたことだろと思います。また、羽生君は、しっかりと日本の国家である君が代も歌っていました。日本を背負って戦っていたということもよくわかります。

 引き続き、一つでも多くの競技で金メダルを期待したいと思います。もちろん、ケガなく選手には、競技を終えることも大切ですが。

 

ピョンチャンオリンピック開幕

 ピョンチャンオリンピックが開幕しました。この冬季オリンピックに向けて、これまで精一杯努力をし続けられた選手が、自身の力を出しきって終えて欲しいと思います。レベルの高いパフォーマンスを期待しています。

 競技としては、このオリンピックを楽しみにしており、既に楽しんでおります。しかし、どうも政治色の強いオリンピックになったのではないかと思います。それは、北朝鮮の対応です。北朝鮮が、このピョンチャンオリンピックに参加しておりますが、純粋にスポーツの祭典に参加しているというようには、感じることが出来ません。このオリンピックを利用して、自身に有益な状況にもっていこうとしているなと感じます。

 その北朝鮮の動きに対して、韓国は、コントロールされているように思われます。北朝鮮の思うがままになっているのではないでしょうか。このオリンピックを良い機会として、国際社会からの制裁に対して、苦しい状況を韓国を利用しようとしているような気がしています。

 北朝鮮は、したたかです。核開発もそのような老獪な動きで、この20年間上手く開発をし続けることが出来ました。核・ミサイルに対する技術力は、向上するばかりです。制裁を行い続けている国際社会もこの北朝鮮の動きを止めることができません。

 これらの政治的な動きに対して選手は、全く関係のないことです。このような政治的なことで選手のパフォーマンスが下がるようなことは、絶対にあってはなりません。このオリンピックが大成功のもとに終えることを期待して、日本を代表する選手を応援したいと思います。頑張れ、日本!!

 

インフルエンザが大流行

 インフルエンザが大流行しているようです。幼稚園や小学校や仕事仲間、友人、親類にも多数インフルエンザにかかった人がいます。要注意ですね。ただ、要注意と言ってもインフルエンザウイルスは、目で見ることができません。手洗い、うがいをしっかりして、人が多数いるところには、行かないようにと言われています。これで充分に対策出来るのでしょうか。

 手洗い、うがいは、大切かもしれませんが、首都圏に住んでいて、人がいない所なんてありません。通勤のためには、必ず満員電車に乗る必要があります。営業という職種では、顧客へ必ず訪問する必要があります。これでは、とても対策ができなさそうです。

 インフルエンザにかかった人もこれらの対策は、充分行われていたと思います。やはり、運が左右するとしか言えないでしょう。まだ我が家と会社には、インフルエンザに感染した人がいません。もし、体調が悪いなと思ったら、自分のためではありますが、周囲の人のためにも、家で休養することをお勧めします。無理に仕事を頑張っても、逆に周囲の人達に迷惑を掛けるだけです。このことは、充分に認識しなければなりません。

 油断せず、睡眠をとって、乾燥から身を守ることも大切な用です。寒い日が続きますが、健康のため、油断せず体調維持を心がけましょう。

 

IPS論文不正問題

 学者の道でもこのような不正がありました。京都大学のIPS細胞研究所に所属する先生が海外の科学誌に掲載された論文に問題がありました。捏造・改ざんということがあったようです。この先生も不正を認めているようです。

 今でこそIPS細胞というと、多くの方がご存知だと思いますが、私が知ったのは今から12~13年ほど前のことだったと記憶しています。山中伸弥さんを知ったのもその時です。凄いものが見つかったと驚いたものです。その後も山中伸弥さんは、ご活躍されていますが、今回は大変残念なことになってしまいました。

 功を焦るということは、学者の世界でも例外ではないようです。この不正を行った先生も成果を上げなければならないというプレッシャーもあったのだろうと思います。IPS細胞研究所で研究するほどの人なのですから、小さい頃から大変優秀でそれほど大きな失敗もしたことがなかったのかもしれません。その中でもしかすると結果がでずに苦しまれた中の出来事なのかなと勝手に想像しています。

 私も仕事では、結果が最大に重視されます。結果がすべてという所があります。結果を出した人が正しく、結果が出なければ間違っている。プロの仕事とは、そのようなものなのですから、仕方ありません。ただ、京都大学という国立大学で国民の税金を使用して研究を行っているところでこのようなことがあっては、なりません。今回のようなことが二度と起こらないように京都大学には、しっかりとした対策を行ってほしいと思います。

 

平昌オリンピック、安倍総理参加

 今日も寒い。雪が、残ってる。高速渋滞、一般道渋滞ということで大変な1日が終わりました。明日も寒いようです。寒さとインフルエンザに備えて、今週あと1日頑張りましょう。

 安倍総理が参加を検討されていた韓国で行われる平昌オリンピックに参加することを表明されました。安倍総理も迷われたと思いますが、最終的に参加されることになりました。自民党内からは、反対の声も多くなることを承知のことだと思います。私も参加することに対しては、反対でしたが、安倍総理も考えがあってのことでしょう。国益を最大限にするためには、どのようにするべきかということを考えての決断です。私は、この安倍総理の決断を支持したいと思います。

 心の底では、反対で反対で絶対に行ってほしくないと思う私も存在します。参加すれば韓国の思うつぼです。それも、充分わかっています。しかし、今回の決断を支持するのは、それでも、あの韓国でも、極東アジアの平和を築くことが出来るパートナーは、韓国しかいないのではないかと思うからです。

 日本の周囲には、中国・ロシア・北朝鮮と軍事力に力を入れている大国が存在します。何をするかわからない不気味な国々です。日本は、この極東アジアから移動出来れば良いのですが、この場所からは逃げることは出来ません。一国でこれらの国々と対峙することは、大変なことです。これらの国々から日本の国と国民の生命を守るためにも日本と韓国と米国が緊密に連携することが必要です。

 そのために今回の平昌オリンピック安倍総理が参加をすることは、必要なことではないかと思います。ムキになって不参加としても何も建設的なものは、うまれません。子供が駄々をこねていても、大人の対応をすることが重要です。これが、日本人にだけ通じて、韓国には通じないうこともわかりますが、国際社会は日本と安倍総理を見ているでしょう。大人の対応がきっと、今後の日韓関係にも重要になってきます。

 党内や保守勢力からの突き上げにあい、苦しい立場の安倍総理ですが、精一杯平昌オリンピックで日本の存在感を見せて欲しいと思います。将来この決断が日本の国益にかなうことを信じています。

 

草津白根山、想定外の噴火

 スキーや旅行を楽しんでいた方々が、一転恐怖に襲われることになりました。想定外を想定しなければならないということは、大変難しいようです。

 専門家もほとんどが噴火を想定されなかったようです。自身の前兆のようなものもなく、突然噴火をしました。今回の出来事で私は、噴火というものが現在の専門家では想定できないということを確認することが出来ました。火山の近くでは、遊ばないようにしなければなりませんね。

 今回の噴火も3000年ぶりということで、地球の40億年の歴史からするとたった3000年です。人間ごときレベルで考える方が間違っているのかもしれません。このような火山は、日本にも世界中にもたくさん存在することだと思います。注意しても出来ないかも知れませんが、想定外を想定することが、自身の身を守ることになります。

 寒い日が続き、少し雪が降ると、首都圏は高速も通行止め、電車も超満員と機能がマヒしてしまいます。人間の力の無力さを感じます。自然の力というのは、本当に想像を絶する脅威です。今回の火山、地震津波、台風、雷、雨、風などたくさんの自然の脅威に備えなければなりません。日本人は、この自然との共生ということで歴史的に付き合ってきました。人間が自然をコントロールすることは、出来ません。自然の恐ろしさを正しく理解しなければなりません。