色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

日本維新の会、足立康史議員ツイッターで朝日新聞死ね

 日本維新の会足立康史衆議院議員が自身のツイッターで、朝日新聞死ねとしたことでさまざまな議論が行われております。

 足立康史議員は、幼稚園落ちた日本死ねが問題にならなかったのに、何故こちらはアウトなのかという思いがあるのだと思います。日本死ねは、日本国民全員のことになりますが、朝日新聞は、一企業の存在だけのことです。問題の大きさから言えば、圧倒的に日本死ねの方が問題があります。しかもこの日本死ねで、流行語大賞で賞をもらってニコニコして、週4回ホテルで密会を行っている、山尾議員のような方もおられます。

 朝日新聞は、加計学園についても、問題のある記事を掲載しています。加計学園の問題は、安倍総理のお友達だからOKになったわけではなく、元愛媛県知事がおっしゃるように歪められた行政が正されたのだと思います。この元愛媛県知事の国会での発言についても、取り上げられていません。安倍内閣攻撃のためだけの記事になっています。

 メディアは、権力を監視する機能を持ち、問題や疑問点があれば、追及していくという姿勢は大切であると思います。しかし、なかったことをさもあったようにするのは、不適切と言わなければなりません。朝日新聞は、なかったことをあったように記事にするのが、得意ですがこの新聞に反省して、改善していこうという姿勢はありません。一部の人で、朝日新聞の購入を止めようという運動をされている方がいるようです。このような運動がされても仕方がないと思われます。

 ただ、足立議員の死ねという部分は、ちょっとやりすぎかなと思います。倒産しろや購読をやめろというのは、よいと思いますが、少し過激的に聞こえてしまうのが、残念なような気がします。

 加計学園の問題にからんで、玉木雄一郎希望の党代表や福山哲郎立憲民主党幹事長のように獣医師会から、献金をもらって、国会で獣医師を増やそうとする加計学園問題を追及するという方を犯罪者と足立康史議員は、指摘をされました。これも問題になって足立議員は、謝罪をされたようですが、これは本当の大きな問題です。玉木代表も福山幹事長も説明をされていないようです。

 人には、徹底的に追及、自分が指摘を受けると、逃げるという玉木代表、福山幹事長、山尾議員に共通しております。元民主党議員の得意技です。特に玉木代表には、民進党時代から変わって、まともな路線でいくのかなと思っていたので、先週の希望の党の国会での質問は、残念でなりません。

 足立康史議員は、日本の国家・国民のことを真剣に考えられている、大切な国会議員のうちの一人です。つまらない指摘に負けることなく、引き続き頑張って頂きたいと思います。

 

 

日馬富士、暴行で角界に激震

 日本の国技と言われる競技の一つが相撲です。老若男女、多くの方がこの相撲の魅力に取りつかれていることだと思います。さまざまな競技がありますが、この相撲は、競技を見なくとも、そのすごさが理解できます。力士の肉体は、大きく、その体を見るだけでも圧倒されてしまいます。それだけではなく、その大きな大きな体同士の鍛え上げられた人間同士が、全力でぶつかるのですから、その時の興奮と驚きは、忘れることが出来ません。それほど相撲に興味のない私でも、力士を見ると驚き、両国国技館で相撲を見ると、興奮してしまいます。日本の国技と言って、何らおかしなことはありません。

 その相撲で超一流の力士しかなり得ない、横綱の暴行事件が起こりました。横綱日馬富士鳥取市で平幕の貴ノ岩関に暴行し、負傷させてしまいました。日馬富士は、この暴行に関して、鳥取県警の任意の事情聴取で素直に認めました。傷害容疑で立件される可能性もあるようです。

 いくら相撲取りでも横綱に何発も殴られたら、ケガをすることは間違いないでしょう。お酒を飲んでいたようですが、酒の失敗にしては、世間に対する影響が大きいものです。貴ノ岩関は、頭を骨折しているようで、かなりの重症のようです。力士としての選手生命を奪われかねないこの暴力事件は、絶対に許すことが出来ません。

 このようなことは、実際に暴力行為を起こしていなくても、企業でも発生しているものだと思います。ケガをしていればわかりやすいですが、言葉の暴力や業務過多により、心の病気になる若者も増えているように思われます。残念ながら、私の会社でもそのような若者がいます。

 自分の時代には、先生や上司、先輩が暴力により、何かを伝えるということがありました。この暴力は、愛の鞭などと呼ばれ、美化されていたことは、事実です。親も先生に悪いことをしたら、暴力を認め、暴力を受けた生徒が悪いという世の中の風潮もありました。しかし、今は時代が違います。自分達の世代がそうだ、自分達がそうされてきたといっても、それを現在の若い世代の人達に押し付けるのは、許されることはありません。愛の鞭などというものは、存在しません。これは、暴力です。暴力で何かを教えるという時代ではないのです。親が子供に手を上げることも暴力です。暴力は、犯罪です。そのことをしっかいりと認識しなければなりません。

 社会は、変化し続けています。人も変化し続けています。その変化に対応できないとこのような事件が起こります。また、成功体験で何かを求めても、今の時代では、何も変えることができません。時代の変化と今回の暴力事件を見て、その部分がこの日馬富士には、不足していたのかなと思います。横綱の暴力事件というのは、大変残念な出来事です。負傷された、貴ノ岩関には、早期に回復して、また力強い相撲がとれる日を願いたいと思います。

 

 

安倍さんの所信表明演説、短いのか?

 安倍総理大臣の所信表明演説衆議院参議院で行われました。この所信表明演説を聞く前にニュースを見ると、短かった、熱意も薄い、政策に対する思いが感じられない、覇気がないとう野党のコメントが中心でした。もしかして、衆議院議員選挙に大勝したので、安倍総理が少し手を抜いたのかなと思いましたが、実際に安倍総理所信表明演説を聞いてみると、とてもやる気が無いというようには、感じることはありませんでした。

 安倍総理所信表明演説は、やるぞという気持ちを感じることが出来ました。確かにこれまでの所信表明演説よりは、時間が短いものでしたが、中身はとても詰まっていたと思います。選挙の大勝でおごりというものも感じることはなく、国民が一丸となって日本を前に進めていく、その先頭に立って、自身がリーダーシップを発揮して、国家・国民を守り、将来に向けて明るい日本を築いてゆくんだというものも感じました。

 時間が短いということで、確かにもう少し中身を詳細に聞きたかったなと思う部分もあります。国民にわかりやすく説明しようとされた結果なのだと思います。その点では、これまでの長い演説よりは、多くの国民に分かりやすいものだったと思います。日本国民も長い演説ですと、それを全て聞こうとする人も少ないのだと思います。私のように衆議院参議院所信表明演説を全て聞いている国民は、ほとんどおられないでしょう。国民もそれほど、暇ではないのです。この中身は、引き続き国会で議論が行われるのでしょう。

 また、来年の通常国会では、もう少し中身を詳しく説明されるのだと思います。本格的な論戦が行われるのですから、当然のことだと思います。どんなに良いことを長々と言ったって、行動が伴わなければ、全く意味がありません。これは、民主党政権で日本国民全員が学習した内容だと思います。安倍内閣は、成立から、結果を出し続けて来ました。有効求人倍率、雇用、株価、所得など、安倍内閣が始まってから、向上していることは、言うまでもありません。外交でも結果を出されています。安倍内閣になってから、日本の国際的地位も向上しました。ボロボロにされた民主党政権時代の日米同盟もトランプ大統領との関係も含めて、深化されてきています。これらの結果について、野党は、批判のための批判をしていますが、誰も相手にしないでしょう。

 それでも国会の議論では、野党にも頑張ってもらわなければなりません。国会で緊張感のある、建設的な議論を行うためにも、野党が良質な質疑を行うことが大切です。モリ・カケなどということに国民は、あきれています。北朝鮮の脅威が迫っている時にこのようなつまらない議論までしている野党には、成長を期待と思います。このような程度の低い野党にも、共に困難な課題に取り組みましょう、日本の未来を切り開こうと語り掛けられました。これに野党は、どのように答えるのでしょうか。

 その野党の中で期待しているのは、日本維新の会です。他の野党と異なり、是々非々で取り組まれています。反対のための反対、批判のための批判は、行っていません。選挙で少し議席数を減らしたのが残念ですが、良質な質疑をする野党として頑張ってもらいたいと思います。

 中身のある、よりよい議論を期待したいと思います。結果を出し続ける安倍総理を引き続き精一杯応援したいと思います。

 

まだやっている加計学園問題

 国会の質疑が始まりました。国会、国民のためになる建設的な議論が行われることを期待しております。というよりも、期待しておりました。しかし、やっぱり選挙前の通常国会と同じです。議会の成長があるとは、言えないのではないでしょうか。残念です。

 今回の国会で野党は、質疑時間を減らさせるということで、クレームを言っておりました。ただ、このような加計問題の質疑を継続しているのなら、野党の質疑時間を減らして、与党が法案を国民にわかりやすく説明する時間にした方が、よっぽど国家、国民の為になる国会質疑だと思います。

 立憲民主党は、もちろん、もう一つ期待していた、希望の党民進党時代からそれほど成長したとは、言うことができません。残念ですね。希望の党にダマされたと思う国民も多いのではないでしょうか。やっぱり、選挙の為に自分が議員になりたいがために出来た政党なのだと思います。

 今後もこのように加計学園や森友問題を繰り返し、繰り返し行われるのでしょうか。それが、国民の生活の為になると思うこと事態が、国会議員たる資格がないとしか言えません。国会の開催にも私たち国民の税金が使われています。国会議員の方々には、特に野党の方々には、もう一度国民のことを考えた国会質疑を心掛けて欲しいと思います。

 

逃げちゃった小池都知事

 小池都知事希望の党の代表を辞任されました。希望の党が自身の総理への道に利用できないと思ったとたんに逃げ出しました。これで国政ではなく、都政に注力できるという意味では、東京都民として良かったのかもしれません。しかし、希望の党の共同代表が選出され、執行部も決められ、これから保守政党として、国会で議論が始まるという時に辞任ですから、小池都知事に期待して希望の党を応援した人からすると大変残念なことだと思います。

 突然の辞任発表でした。希望の党は、衆議院議員選挙で期待外れで、葛飾区の区議会議員選挙でも1人しか当選させることが出来ませんでした。小池都知事都民ファーストの会の凋落ぶりが、素人目にもはっきりとわかるようになってきました。この状況から、信頼回復のために、尽力されると思っていましたが、もう希望の党に自身が影響力を発揮できないとなるといち早く、逃げ出してしまいました。

 確かに希望の党には、もう国政でもそれほど期待できないかもしれませんが、このようにはっきりと、逃げ出すというのはいかがなものでしょうか。わかりやすすぎて、少し残された希望の党の方々が可哀想にさえ思えて来ます。

 希望の党は、新執行部に長島昭久さんを政調会長として、選ばれました。民主党民進党時代から、まともな方過ぎて、おかしな人の集まりであったがために、窓際においやられていた方です。この人が中心で活躍できるという党であれば、まだ希望の党もしてたものではありません。小池都知事はいなくなりましたが、ここから長島政調会長を中心に自民党に対抗できる保守政党として、是非成長して頂きたいと思います。希望の党にも期待できる執行部人事となりました。

 

選挙の風の恐ろしさ

 選挙は、どぶ板と言われるように地元を徹底して歩き、支持者を増やしていく方法ともう一つは、風というその時の話題やブームに乗っかって支持されるというのがあると思います。どちらにしても当選しなければ、議員として活動をすることが出来ません。ただ、風頼みというのは、安定的な議席を獲得し続けることは難しいようです。

 今年の都議会議員選挙では、小池都知事率いる、都民ファーストが大勝しました。選挙の結果としては、都議会で第一党となり、告示前の6議席から、55議席と伸ばしました。一方、第一党であった自民党は、告示前の57議席から、23議席へと激減です。歴史的な大敗北と言っていいでしょう。

 この都民ファーストが大勝した理由は、小池都知事の人気のお蔭です。都知事選挙自民党を相手に勝ち、今回も自民党に勝利しました。この都議選は、都民ファーストに風が吹きました。よくわからない候補者でも都民ファースト小池都知事の応援があるだけで当選した人が、かなり多いと思われます。

 そして行われた東京都の葛飾区議選ですが、13日開票された結果、5人の候補者を出した都民ファーストは、当選者をたった1人しか出すことが出来ませんでした。今年の都議選の勢いからすると、5人全員が当選してもよさそうなものですが、風が止んでしまうとこのような、厳しい選挙結果となってしまいます。何とも恐ろしいことです。

 衆議院議員選挙でも、この葛飾区議選も小池人気では、もう選挙で勝つことができないということを示唆しています。風が吹けば、1回は勝つことが出来るかもしれませんが、2度、3度と勝ち続けることが出来ません。これは、有権者がそれほどバカではないですよということが言えます。

 風ではなく、本当に仕事をしてくれる人に議員として、頑張ってもらいたいものです。私も風で投票行動を決めるということではなく、しっかりと候補者を見る目を養い、よりよい政治家が政治を行える環境を作れるように精進したいと思います。

 

プロ野球日本ハム、大谷選手(23歳)がアメリカ大リーグ挑戦 と 野手の活躍

 プロ野球日本ハムの大谷選手がアメリカの大リーグに挑戦することを表明されました。力のある選手がより高いレベルに自分の身を置いて、実力を試してみたいというのは、プロ野球だけでなく、サッカーやその他のさまざまな分野で見られる光景です。大谷選手は、世界でも活躍できる選手だと思います。アメリカでの活躍を応援したいと思います。

 北海道の人は、これだけのスター選手がいなくなるということで、少し寂しい思いをされている方も多いと思います。世界的な実力を持つ選手が、日本で見れなくなるのは、日本人としては残念です。アメリカではなく、日本で頑張りたいと選手に思われるように、日本の関係者の方々にも頑張ってもらいたいと思います。

 ただ、野球に限るとどうもピッチャーの方が挑戦する方が多いのではないかと思います。そして、活躍しているのもピッチャーの方が多いようです。野手の方は、どうなっているのでしょうか。チャレンジして、活躍をしているのは、イチロー選手くらいで、他に活躍される選手が少なくなっています。やはり、日本の野球選手は、まだまだ世界で活躍するには、実力が不足しているのでしょうか。トーナメントの一発モノであれば、勝つこともあるでしょう。しかし、長期間のシーズンで活躍するには、まだまだ日本人選手は、実力が不足しています。野手の選手にもこの大谷選手の挑戦を良い機会として、世界で活躍する選手がどんどん出てきてほしいものです。

 今後も世界で活躍する日本人が、スポーツだけでなく、芸術や文化、学問でもどんどん出てきてほしいものです。政治でも外交で、日本が世界の政治家にも負けない、力強い政治家が出てくることを期待しています。陸奥宗光小村寿太郎や石井菊次郎のように。