読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない、日本人男性のブログ

日本について、日々考える。

天皇陛下の生前譲位

 天皇陛下の生前に譲位するかどうかということが議論されています。さまざまな考え方がありますが、将来にわたって天皇・皇室が安定的に継続し、政治的に利用されない制度を構築することが重要だと考えております。

 議論の中には、特に保守といわれる言論人の中に、今上陛下個人の意思は関係ないというような大変不敬な発言をされる方もおられるようです。そんな発言をされている方よりも今上陛下が天皇・ご皇室のことを考えていることは当たり前のことです。今上陛下のご意思は最も尊重しなければならないことです。

 国民の中にもこれについて議論は、ないことだと思います。世論調査を見てもほとんどの方は、生前譲位について真面目に考え、これに反対と考えている方はごく少数です。

 これに伴い、女性天皇女系天皇のお話しも同時に議論されることがあります。これは、本当に難しい問題です。立派な制度を作ったから、安定したものになるというものではありません。これからも男性が継続的に安定して、産まれ続けるということは難しいのではないでしょうか。そのために天皇・皇室の安定を考えた場合には、女性宮家女系天皇も認めていかなければならないのかもしれません。

 私は、天皇は男系・男子で継続するべきだと考えております。しかし、この考えに固執して、天皇・ご皇室が国民から何の心が離れていくようなものであればこれは大きな問題です。国民に天皇は、日本の歴史の中で愛され続けて来ました。これからもそのような関係が継続することを望んでおります。

 まだ考えが明確にまとまっておりませんが、どのような関係が国民に愛される天皇・ご皇室であるのか。私たち国民がこの応えを出さなければなりません。国民の見識が問われる問題です。今後もしっかりと考えていきたいと思います。